シマノ ストラディック メンテナンス

昨年の今頃購入


シマノ ストラディック
C3000HG


ちょっと、修理を











今年一年間、何かと使い倒したストラディック
















渓流、サクラマス、サツキマス、バス、シーバスと一番使ったかもしれません
























そんな、リールなんでしょうがないかな~









って、思いますがね









ベールを返す時に違和感を覚え








ジックリ見てみると・・・??









なんだ!?   この隙間は??












しかし、この時点で分解することが出来ず、後日に









何故ならば、最近のシマノリール、ビスネジはトルクスレンチがないと、開ける事が出来ないんですよ









トルクスは主に緩み防止とイタズラ防止だったような









別に全員が分解改造する訳では無いから、六角レンチのままで良い気がするんですがね









さてと、わざわざトルクスレンチを購入、開けてみると













何かベールのスプリングが変形してる











早速、該当する部品を取り寄せてもらい







分解図の25番になります

















お値段は 100円なり(笑)











新旧部品はこんな感じ











何とかピンは残ってたんで、組み付けるだけ




指定グリスを塗布して















ベールを組み付けたら完成











隙間もこんな感じに










組み付けた後、バネが馴染んで無いのか、最初は少し硬い感じでしたが、直ぐにいつもの感覚に戻りました









初期不良とかではありませんが、トルクスなんだから、簡単に緩んで欲しくないし、増し締めにはトルクスレンチがいるので、フィールドで気付いて増し締めする事も難しいかと








これからはトルクスレンチも持ち歩く事になるのかな~








まずは、簡単に治ったからヨシとしましょうか










いつも見ていただきありがとうございます
ランキングにお戻りの際はポチっとね

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村




インスタグラムにも参加してます
 


Instagram






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バニラのパパ

Author:バニラのパパ

最新記事
カテゴリ
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ