2月22日は特別な日となりました。

2月22日は特別な日となりました

昨年から計画はされた・・・

当日の朝、外を眺めると小雪混じり

ゲッ  と思った人は私だけではないはず。

雲行きを気にしながら

現地に到着

DSC_0090 (450x338)


この時点で解った方は、素晴らしい

小雪も気になるが、気温も低い・・・しかも、北風ピープー

釣りでもないのに、天気が気になるのはなぜか


私は今年、本厄ですので、厄落としにまいりました。

そうです

生まれたままの姿になりに

天下の奇祭 『 はだか祭 』

2013022208490000 (338x450)

志願の参加を申し出ました。

(すいません、何せ、はだかなんで途中の写真は一切ありません)

午前中は、なおい札と言う、祈願事を書いた布を竹に縛ったり、

ふんどし姿になる前に、清めの風呂に入ったりして過ごし

昼からふんどし姿に変身

近所の神社で、持ち寄った竹を束ねて、国府宮まで練り歩きます。

各交差点、駅前などでは、竹(長さ20mくらい、太さ細い電柱くらい)を

参加者全員でぐるぐる回したり、立てたり

慣れない私は最初戸惑いましたが、郷に入っては郷に従え

途中からスイッチが入って、寒さも飛んでました。

国府宮神社への奉納ですが、鳥居をくぐり、最後の門前で順番待ちをしたのち、

一気にダッシュで奉納します。

受け取る側は、突然飛んできた竹を見事に受け取り、奉納完了


実は、テレビとかで見る『はだか祭』はこれら、各地域の竹となおい札を奉納したのちの

メインイベントで、水掛け隊が現れ、はだか男に容赦無く水をかけ始めます

そうこうしている間に、突然、出たぞーと叫び声と共に、神男登場

神男に触れて、厄を落とそうと、はだか男とのもみ合いが

地元衆の激しさに、少しひるんでしまい、神男の顔すら見れませんでした

でも、今回、参加出来てとても良い経験が出来、良い思い出となりました。

祭後、徒歩15分くらいで帰りましたが、日が暮れて北風ピープー

正直、この時間が一番寒かった~


帰宅後に、使用したふんどしと、なおい札を家族に見せましたが、
DSC_0091 (450x338)


それ何どうするのっと、冷ややかな反応

やっぱり出た人じゃないと、なおい札の大事さは解らないかな

大きなケガもなく、心地良い筋肉痛と覚えの無い痛みが、祭りの余韻を体に残しています。


これで厄が落ちたとは思いませんが、今年一年何か良い事がありそうです。





来年・・・     少し考えさせて下さい。

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バニラのパパ

Author:バニラのパパ

最新記事
カテゴリ
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ