冬のテント内結露には

寒い時期や寒暖の差が激しい時に現れる、テント内の結露


冬のふもとっぱらで検証を試みました













我が家のメインテント






スノーピーク社のランドロック













過去、春先や晩秋に、やっぱり結露に悩まされました










天気に恵まれて乾燥撤収する時も、内部がなかなか乾かないのが、結露の嫌な所










外気温とテント内の温度差によるところが大きいんですが、昨年末のキャンプで一応の軽減策を確認出来ました










ランドロックオーナーさんなら、ご存知かと思いますが









灼熱の夏場に、テント内の温度上昇を抑える為に効果が期待されるオプションの








シールドルーフ





ランドロック上部に被せるだけのルーフです








夏場は、上記効果が期待され使われてる方も多いんですが、冬場にも結露対策に良いとお聞きし、ふもとっぱらで、実験を










シールドルーフを張って、冬キャンプ











ついでに、インナーテントのある寝室側には、銀シートで覆います











これにより、外気側から見ると





ルーフ(銀シート)、シェルター、インナーテントと3層構造に









シールドルーフ効果で直接外気に触れる部分で結露の発生が大きくなるのか!?









インナーテント内の結露はほんの少しで







シェルター内では、シールドルーフが無い部分に多くの結露が発生している事が確認されました









また、なるべくシェルター内の湿度を換気により低く保ってたのも効果があったのかな!?











夏以外でも効果を発揮したシールドルーフ









お持ちでしたら、お試し下さい









ホントはシールドルーフが寝室側まであると見た目には、最高なんですがね(笑)












いつも見ていただきありがとうございます
お帰りはポチっと

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村





インスタグラムにも参加してます
 


Instagram



何か他の方法で結露対策があれば、参考にコメント下さい

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バニラのパパ

Author:バニラのパパ

最新記事
カテゴリ
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ