入院から無事に帰還

9月後半の釣行の際に、あれ???









何だか違和感を覚えてましたが






それが確信に変わったのは、10月のころ


20151031100300978.jpg
(以前の釣行の様子で、焦ってタックルセレクトを間違える)






いつものように、寝ぼけ眼でリールをロッドのリールシートに取り付ける際・・・・







リールフットが、ロッドのリールシートフードに収まらない(滝汗;)
(今シーズン導入のロッドが)






え~~






何度もリールの番手を確認するも適正な番手








仕方がなく別のセットを探して出掛けたのが、上記画像リンクなお粗末な結果に(笑)








その後、信頼のおける






コチラで修理依頼を



20151025172800713.jpg
(お買い物は画像リンクより)



インザストリームへ






初期不良かと思いきや、







メーカーからの回答は



『弊社、規定内に収まっております』????







しかし、ここからのメーカー回答が素晴らしかった






『お手持ちのリールがありましたら、リールシートをそちらの番手用に加工いたしますが』







たぶん、インザストリームの店長さんが頑張ってくれたんだと思いますが、早速、リールもロッドメーカーへ







そして、昨日、無事に帰って参りました






IMG_9820.jpg





加工中や輸送中にコルクが損傷しないように、ラップまで施されてます








で、問題の部位はこんな感じに


IMG_9822.jpg





IMG_9821.jpg




組み合わせたかったのは、シマノ ストラディック 3000C





本流トラウトロッドなんで、組み合わせ的にはおかしくないんですが







少し、シマノさんも問題ありかと




何故ならば、凸凹リールフット??


IMG_9828.jpg



IMG_9831.jpg



IMG_9835.jpg





トラウトロッドの様な、リールシートを固い木材等で加工する物には不向きですよね







当然、FUJI製なら問題なく付くのかな??





いままで無かったんで、今回初めて気にしました






あるんですね、こんな事が






ロッド側も最初はリールが収まってましたので、固いはずの木材が実釣時に少し水を含んで変形し、そのまま硬化したのかな??






いずれにしても、治って良かった






来春の解禁までにお試しに行かないと







って、こんな記事をアップしてますから、釣りには行けて無いんですがね





※ ロッドメーカーさんの対応に敬意を表して、メーカー名は伏せさせていただきます。
  まぁ~見る人が見ればばれますがね(笑)





お好きなジャンルを宜しくです。
 


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
何気にカウントダウン中、あと19日です

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バニラのパパ

Author:バニラのパパ

最新記事
カテゴリ
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ