レラカムイと共に秋の渓流へ

秋の深まりと共に、水温が下がって条件は良いのでは!?






先週のキャンプでは、増水で満足にロッドを振ることが出来ず





やや、フラストレーションが溜まってまして





久々に、朝からガッツリと渓流を楽しみたくなり、朝早くから出撃を





と、言っても、最近は日の出が5時頃なんで助かりますが、訳あって(後日お伝えします 笑)睡眠時間短く、寝ぼけ眼で準備





今回は、以前にデカイのにヤラレタ

ヤツはデカかったより




巴川支流へ












この日の為に、タックルを新調してのぞみます
(タックルは後ほど紹介します)





長雨で、濁りが気になりましたが、支流は濁り少なくいい感じ、水位は+30cmくらいかな!?




前回ヤラレタ、ポイントから朝一、開始します




先ずは、堰堤前の溜まり場を、底を舐める様にスプーンを通しますが、ダメ




そして、まさにヤラレタポイントへ、前回同様に虫イメージでこちらをダウン気味に見せつけます


ARーS




対岸側下流から、ゆっくり流芯を通すと





ガッツーン!!






してやったり、ヤツか??






いや、ドラグは出るが違う




揚がったのは、ヒレもキレイに回復した、鳳来鱒









一投目から幸先良く、良型ですが、ヤツとは違う





まだ、居そうなんで粘ると、またまた、同じサイズが








2匹目を揚げた際に、追尾するマスもあり、手を変え品を変え狙いましたが、スレたみたいで、反応ナシ




ここで、一旦川を上がりますと、下流側にアングラーの追撃あり




大きく場所を移動します




いつも回るポイントも、エサ釣り師が先行します




ならば、新たなポイント開拓と、普段入らない場所へ




水深と流れが程よくあり、いかにもマスがつきそうな場所へ




コチラも同じ手口で、ダウン気味のスピナー攻撃(笑)



渓相を見ながら登って行くと










先程と同じ様なサイズのマスくん




狙いは的中(^o^)   で、楽しい♪




同じ場所で、またひとつ








その後、スレてきたのか、バイトを得るもトレブルフックの一本に掛かり、バラシを3回程(笑)




ここは、魚影が濃いみたい♪




ここまで、シンキングミノーも試すが、結局、スピナーでしか出していない状況





釣れなくなり、また、開拓へ移動




ここは、水位が上がったから少し水深が出来た、普段やらないトロ瀬が続く場所




ここは、ミノーに拘り、ひたすらミノーをアップクロスで投げまくり











この後も、ひたすらミノーを投げまくり
あえなくリュウキ当たりカラーを殉職させて、終了しました( ̄0 ̄)





少し下った、本流との合流付近も見ましたが、こちらは濁り、水量が強く見ただけで通過






さてさて、今回新調したタックルですが




前回は、XULロッドに、3ポンドでまんまと、ヤラレましたんで、渓流、小さな本流でも使えて、3gルアーでもストレス無く投げれる物でダウン引きが出来る6ftクラスをと、探すことしばし




なかなか、気に入る(予算に合いとも言う)ものが無く、目に止まったのは、上記、XULロッドのメーカー


アグラーズリパブリック





なかでも、北海道仕様のレラカムイ






グリップデザインもカッコイイ♪





バット部には、X状にカーボンを巻き付けた、最近流行りな補強が



正直、バットの部分だけなんで飾り程度かな!?



今回は、3gから5gが主体で、スプーン、ミノー、スピナーをアップクロスから、ダウンで使いましたが、柔軟なティップで投げやすく、ベリーからの張りでダウン引きでも、踏ん張る所は、予想以上でした





また、ニジマスとは言え、最大33cmの獲物では、バットまでは絞り込まれません




ニジマスが混じる巴川支流としては、心強い味方になりました




以前ヤラレタ大型も十分対応可能




お値打ちな割に、使えるロッドですよ




もう少しは楽しめますよ巴川





リール  :シマノソアレBB30 2500HGS

ロッド  :パームス エゲリア RRTS-64Lレラカムイ

ライン :5lb.

ルアー :バックス、AR-Sスピナー、スピアヘッドリュウキ他


釣 果 :鳳来鱒 6匹








お好きなジャンルを宜しくです。  


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バニラのパパ

Author:バニラのパパ

最新記事
カテゴリ
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ